So-net無料ブログ作成
検索選択

ニンニク

多年草の鱗茎をもつ植物で 中央アジアを原産とするニンニクは5000年以上もさかのぼる古代からの

歴史をもち、最も古い栽培植物のひとつです。

エジプト人はピラミッド建設中の奴隷に1日ごとの糧食として配給し、持久力と耐久力がつくと信じていた

ニンニクは神がかり的力があるともてはやした。

ギリシャの競技者たちは、競技の前の興奮誘発剤として、また兵士たちは戦いの前の戦意高揚のため

ニンニクを食べていた。

十字軍によってヨーロッパにひろまったようです。

ずっと長い間、ニンニクはペストに効くとか健康維持に役立つと信じられてきた。

今日、ニンニクの主要生産国は、中国、韓国、インド、スペイン、アメリカ合衆国です

ニンニクはにおいが息にいつまでも残り、汗にまで移るそのしつこさが敬遠されており、

ある種の社会では芳しくない評価を得ている

鱗茎または”ヘッド”と呼ばれる部分は、12~16個の鱗片が集合している

鱗茎も鱗片も紙のように薄い白い皮でつつまれて 収穫時には1フィート(30cm)にもなる

長い平たい緑の葉がしなびて、数日で枯れて乾くので分かる

250px-Allium_sativum_Woodwill_1793.jpg
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 1

夏炉冬扇

今晩は。
ニンニクのタグにて。
畑で作ってます。種から国産です。花芽がつき出しました。
写真アップ。よろしく。
by 夏炉冬扇 (2012-04-29 20:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 料理ノウハウコレクター 世界のアイテム  All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。