So-net無料ブログ作成

栄養成分 ニンニク

野菜のようにたっぷり食べるとすれば、ニンニクはセレンのよい給源となる。

消化不良をおこしたり、皮膚の発疹や炎症などのアレルギーを起こす人もいる。

数多くの薬理上の特徴が知られており、多くの人々から万能の薬効をもつと

信じられていた。

特に、利尿,健胃、 強壮、けいれん緩和、関節炎の緩和、消毒、洗浄、などに効果があり

と信じられてきた。

通常かなり広範囲の健康障害、たとえば疝痛、気管支炎、痛風、高血圧、消化不良、などに

効果がある。

ニンニクの薬理効果の一部は、医学的研究から再認識されている。

第一次大戦中、ニンニクは抗生剤として広く使われ、その後研究者は硫化アリルという

強力な抗生物質をニンニクの成分中に発見した。

他の研究ではニンニクがアリシンを含むことを明らかにしている。

またアリシンの高濃度のものは、心臓血管系、なかでも血中コレステロールレベルへ

の優れた効果があることが分かった。

これらの研究によれば、効果のあるアリシンの量は、生のニンニクにして一日当り

7~28片の摂取となる。  

しかし興味深いことには、アリシンの活性は、錠剤の製造のための抽出工程で

すでに効果を失う。

またその効果は24時間以上は続かないという短命のものである。

このように、生にしろ錠剤にしろ、ニンニクが血中コレステロールのレベルをさげることは

非常に早くからしられていた。

250px-Allium_sativum_Woodwill_1793.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 料理ノウハウコレクター 世界のアイテム  All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。